保育士の求人で快適な職場探し【快適ニコニコ求人】

転職するとき必要な事はサポートサービスで

高額である

施工管理者の不足が顕著である

建設業界に超繁忙状況が続いています。東日本大震災の復興工事が本格化しているうえに、東京オリンピック・パラリンピックの誘致決定による関連施設の建設や関連するインフラ整備が急務になっています。建設業法では一定の金額を超えた建設工事の施工管理者には一定以上の資格保有者でなければなれません。施工管理者は常駐を義務づけられていますので、たとえ派遣でも現場に常駐する必要があります。土木工事の入札では事前に施工管理者の登録が必要ですから派遣で対応することは不可能です。したがって工事受注においては一定の資格保有者の量を確保しておかなければ受注機会を喪失することになります。現在は派遣会社に登録されている施工管理者も不足しており、高額な年収を提示して募集しています。

建設業界の仕事量は波がある

建設業界は景気の影響をまともに受ける業界です。バブル崩壊後には建設投資が一貫して減少してきました。デフレ経済の影響と製造業の海外進出の影響で国内の建設投資が最盛期の半額になっています。しかしながら東日本大震災による大きな被害に対する復興工事が本格化しているため東北地方を中心に施工管理者や建設労働者の不足が顕著となっています。東北以外の地域からの派遣が増加しているため、東北以外の地域でも同様に不足している状況です。加えて東京オリンピック・パラリンピックの誘致やリニア新幹線の本格着工、日本経済に回復及び過度な円高の調整による円安が後押しして製造業の国内回帰も一部ではみられるようになっています。今後もこの状況がしばらく続く見込みです。